2011年02月12日

チャレンジするということ

昨日、ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケットという、NPO法人ETIC.さんがしかけている社会起業市場創造事業に参加させていただきました。


その中で、非常に若いながらも起業を志していらっしゃる方がいまして、その方へ送ったメールが僕の考えをまとめられた気がしたので、お名前を伏せて載せたいと思います。




●●さん

こんにちは、(びっきー)です。
昨日はSVSMにてお世話になりました。

昨日は少し意地悪な質問を投げかけてしまい、申し訳ありませんでした。
起業しようと決意をされ、これまでいた環境から離れ、起業家の先輩たちへ自分の意見を述べ、一歩ずつ前へ進もうとしている●●さんを、僕は尊敬しています。

僕自身、今は個人事業主をやっていますが、(中略)ある程度近い立場でお話を聞けたのではないかと思います。
僕が感じたことでお役に立てそうなことを2点お伝えしたいです。

1.一人ひとり、顧客を具体的にイメージし尽くす作業が必要
2.自分の感情をもっと言語化していくことが必要

【1.一人ひとり、顧客を具体的にイメージし尽くす作業が必要】
「社会課題を解決したい」というメッセージは、一見美しく感じられますが、実は何の行動も生み出してくれません。
「◯◯な人が、◯◯のことで困っている。その原因は◯◯であり、解決するための手段は◯◯と◯◯と◯◯がある。その中で最もインパクトを生み出せて、かつ自分でなければやれない◯◯という事業をやろうと思う」
というストーリーが描けて、初めて行動できますし、周りの人の熱意を味方にできます。

このストーリーを描くには、統計資料や抽象的な概念を元にするのではなく、「小さくてもいいので、それが現実に起こっている一人ひとりの人」について具体的に考え抜くことが必要だと思います。

自分は◯◯があてはまり、母親は◯◯が部分的に当てはまる。友人のAは△△があてはまり、この間ヒアリングをしたBさんは△△と◯◯の両方が部分的に当てはまる。

と言ったように、具体的に落としていく必要があります。


この作業がなぜ必要かといえば、社会課題の解決は「これをやれば「誰か」に届く」レベルではなく、「実際に今困っているこの人の課題を解決できた」と言えるレベルでないと達成出来ないですし、それができなければ成果を出せているとは言えないからです。


【2.自分の感情をもっと言語化していくことが必要】
●●さんは、自分の経験や考えていることにそれほど自信を持っていないように、お話を聞きながら感じました。
起業家や経営経験のある人に対して、自分の言葉で通じるものはないと感じているように思いました。
なので、ニュースや書籍などで話題になっているキーワードや概念を部分的に掻い摘んで説明することで通じると考えているようにも、感じました。


しかし、僕の経験では、●●さん自身が心から理解し、腹落ちした言葉でないと人には伝わらないと思います。

僕は起業するという決意をした人が、何の考えもなしにそれをするということを聞いたことがありません。●●さんには、それの決意をするだけの経験があったのだと思います。
人にとってはありふれた経験であっても、それをとことん考え、悩んで決断した起業という選択は、●●さんにしかできないものだと思いますし、その意味で僕は無条件に●●さんを尊敬しています。

僕はNPO法人フローレンスという病児保育を行う事業者で4年半働き、駒崎さんという尊敬すべき起業家から、チャレンジすることの大切さと、その最初の一歩を実際に踏み出す人の並々ならぬ苦悩や努力を教わりました。

●●さんはすでにそれを乗り越えていらっしゃいます。そのプロセスは何にも変えがたいものだと思いますので、もっと明確に言語化していくことが大事だと思います。

僕でよければスカイプなどを使ってお手伝いできます。そうでなくとも、ETIC.さん周りの方に相談されるのもよいかもしれません。


以上です。
長々と失礼いたしました。(中略)

●●さんを通じて社会課題が解決されていくことを心から願っております。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by Vicky at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ウェブ・リテラシーを持つ

またまた『ウェブ時代をゆく』梅田望夫(ちくま新書)より、引用です。


p.208
ウェブ・リテラシーとは、たとえばこんなことである。
(1)ネットの世界がどういう仕組みで動いているかの原理は相当詳しく徹底的に理解している
(2)ウェブで何かを表現したいと思ったらすぐにそれができるくらいまでのサイト構築能力を身につけている(ブログ・サービスを使って文を書くとかそういうことではなくて)
(3)「ウェブ上の分身にカネを稼がせてみよう」(『ウェブ進化論』第一章)みたいな話を聞けば、手を動かしてそこに新しい技術を入れ込んだりしながらサイトを作って実験ができる。広告収入の正確な流れも含め「バーチャル経済圏」がどういう仕組みで動いているかの深い理解がある。
(4)ウェブ上にあふれる新しい技術についての解説を読んで独学できるレベルまで、ITやウェブに対する理解とプログラミング能力を持つ。


引用は以上です。
以前、『ウェブ進化論』を読んでもピンとこなかったのですが、なぜか本書『ウェブ時代をゆく』からはたくさんの学びが得られています。

おそらく、『ウェブ進化論』を読んだ当時より、クラウドコンピューティングを日常的に使っており(セールスフォースやgmail、googleカレンダー、evernote、紙コピネットなど)、またタブレットPCを活用した業務改善のアイデアを日々妄想しているため、以前よりしっくりくるのだと思うのですが、一方で「このままだとウェブ時代をを使うんではなくて、使われてしまう」という危機意識と「もっと深くウェブのことを理解できたら、もっともっと大きなことができるんじゃないか!可能性が広がるんじゃないか!」という期待感があるからだと思います。


ウェブ技術がこれまでの全てを置き換えることはないと思いますが、僕たちの人生に多くの影響(よいもの、悪いもの両方)を与えるはずです。
その時、僕は意志と能力をもって「良い影響」を選択する力を身につけたいのです。


きっと、それはこのブログをみてくださっている皆さんに支えられながら、そして共に学びながら進めていくものだと思います。
今後ともよろしくお願いします!
posted by Vicky at 16:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ基礎自治体の経営に興味があるのか

先ほどTwitterにつぶやいたことが割と今後の僕の関心領域を言えていた感じなので、ブログに転記します。


コミュニティとは「ある共通項を持った人々が互いに支え合う共同体」と捉えています。
これまではそれが「血縁」や「地縁」「カイシャ」でした。
グローバリズムに伴って、この範囲がもっと大きくなると感じていて、
僕は「地縁」をベースにした基礎自治体の経営が危機に晒されるのではと危惧します。

「血縁」や「地縁」「カイシャ」が支えてきた社会保障的な役割が解体するに連れて
「社会的企業」という概念が生まれてきたと考えます。
そして、その動きは今後ますます広がって行くと(肌感覚で)感じます。
だからこそ、僕は「地縁」をベースにした基礎自治体の経営が必要になってくると考えます。

「社会的企業」は「ある共通項に基づいた相互連帯の仕組み」という性質を
持っていると考えられるため、「ある括りで括った時に外れてる人はいないか」を
チェックし、きちんとその人へ「意識を向ける」ことは公の領域にしか
出来ない機能だと思います。
僕はその意味での「自治体経営」に関心があります。

いじょうです。
posted by Vicky at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

HTMLでいろいろやってみようと思う

『ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか』梅田望夫 (ちくま新書)を読んで、完全に触発されました(笑)
HTMLでサイトを作ってみようと思っています。


というのは、前職でセールスフォースというCRMアプリケーション(顧客管理システム)を活用した
業務の設計を行っていた関係から、いろんな団体さんの業務改善プロジェクトをお手伝いさせてもらって
いるわけですが、勉強すればするほど「ITに使われている」感がふつふつと沸いてきます。


そして何より、物理学科時代の血が騒ぎ出し、この手の「全体像を頭に描きながら、ロジックを組み上げる」
作業をやってみたくなったこともあります。


できればLinaxやPerl、Rubyといったプログラム言語が読み書きできるくらいの能力を身に付けようと思います。
そして、それはお金をかけず、WEBから吸収できる情報だけでやってみたいと思います。


こういうのは、わざわざブログに記事を書かないで黙ってやればいいんでしょうけれども、僕のブログを
見てくれている物理学科時代の友人や、フロレ周りでも結構ITオタな知人・友人が多いもので、
いい情報を教えてくれるんじゃないかな、と期待しております☆


ちょろちょろ報告させていただきますね!
posted by Vicky at 11:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

今後のこと

アイデアが浮かびました!
公共経営を担う人材を世界中で生み出すプラットフォームが作りたいんだ!


今の日本は「事業立地」の異なる自治体の集合であるにも関わらず、
中央集権な意思決定が行われている。
しかし、いずれ地方分権の社会が訪れる。その時、公共経営は内部から生まれる変化や、外部から受ける変化に対して柔軟に対応する「学習する組織」である必要がある。
それは、それぞれの自治体において、それぞれの自治体に属する「市民」が主体的に自分たちの環境を作っていくことを意味している。


その時何を参考にするか。僕はそれを世界中の先進事例から学びたい。
僕は今、フィンランドに興味をもっているけれども、フィンランドは北海道ほどの面積しかなく、人口520万人という小さな国家だ。
しかし国際競争力ではアメリカについで2位、国際的な学力テストでは常にトップクラスにランクインする。

このグローバル社会において、そういった小さくてもスマートで、国際的にプレゼンスをもっている国から学ばない手はないと思うし、フィンランド以外でも大小様々な自治体の経営手法からたくさんのことを学べると思っている。


僕は本質的に、本やケーススタディから学べる知識は、実際に現場で活かす上での1/3以下のウエイトしかもっていないと思っている。
それは、実際に現場に飛び込んで、目の前の土地がどんなところで、目の前にいる人はどんな人たちで、外部環境からどんな影響を受けていて、これからその地域をどうして行きたいか、そういった膨大な1次情報に埋没する中で、ふと生まれてくる未来へのアイデア(U理論をイメージしている)を形にする能力が必要であると考える。


つまり世界中の自治体をネットワークし、そこに「留学」的に入り込み、経験を積むことができ、経験で終わらせるのではなく、MBAのケーススタディのように議論の中から暗黙知の経験を形式知化していく場が展開すれば良いと思う。


世界中の事例にアクセスし、世界中の人々が互いの成長のため学び合う、そんなプラットフォームを作ることは出来ないだろうか?


これまで、僕は自分一人がそれを学び、将来の日本で活躍できればいいと思っていた。でもそれでは未来は変えられない。僕だけでなく、もっと多くの人達とそれを成し遂げていければ、それは世界を変えるインパクト持つのではないだろうか。


きっとシュワブ財団やアショカ財団、グローバルリーダーインスティテュートといった存在は、僕よりずっと以前からそれに気づき、主に起業家精神を育むという点にフォーカスして活動を進めてきた。
僕はもっと自治体経営にフォーカスしてアクションを起こしてみようと思う。
松下政経塾的なものだろうか。とりあえず調べていこう。
posted by Vicky at 13:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。