2007年06月20日

【自己実現と社会実現】

今日は楽天創業者のお一人、本城さんとのミーティングの日でした。


課題は事業拡大のスピードに対して人をどのように配置していくのか、
そしてますます多様な人材を抱えていくことになる今後の展開からして、
いかにして中間マネジメント層の能力をあげていくか。


事業拡大に対しての最大のボトルネックが、実は僕が兼務している
ロジスティックス(総務経理)とヒューマンリソース(人事労務管理)
であり、それをどう解消しようか、という話から始まったのですが、
それは光明が差しており、ほかの課題に関してもあとはやるだけだね、
みたいな感じでしたので、いつもよりも多く本城さんご自身のお話を
聞くことができました。


本城さんは楽天の経営を降りた後、民間の中学校で最年少で校長先生になった方です。
要するに教育の現場に携わる経営者なんですね。
僕は教師になるためにビジネスを学ぼうとこの業界に突っ込んできていますが、
その意味で本城さんは僕の理想として描いていたものをすでに
実践されていらっしゃる方なんです。


そのような話の中で、今日は高校生に対して行ったキャリア教育の内容に
ついて語っていただきました。
それは【自己実現と社会実現】という話です。



最近は自己実現の時代と言われている。
つまり自分の好きなことをやり、自分の納得できる人生を送ることが
幸せなんだ。
そのためのキャリアプランをもっと若いうちから立てられるといいよね。
若いうちから好きなこと、楽しいと思うことを思う存分やりたいよね。
好きなことを形にできるようにスキルを身につけよう。
学んでいこう。




僕はそれでいいんだと思っていました。


しかし本城さんは違いました。




自己実現って狭いよね。


こういう社会に住みたい。
こういう社会をみんなと作りたい。
こういう社会を作るために自分は学んでいきたい。


それが【社会実現】という視点ですよ、と。


僕は感動しました。


そういう考え方があったんだ。


一人の人間として閉じた人生ではなく、


一人の市民としてみなとともによりよく生きていきたいと思うこと。


その社会を担う一人として働くということ。


その社会を担う一人として学ぶということ。


そんなにわくわくできる生き方はほかにないと思いました。


みなさんはどのように感じましたか?


きれいごとでしょうか。


僕はきれいごとを言い続けて生きていきたい。


人生はうまくいかないものだから、どうせうまくいかないなら
そういう生き方にチャレンジして失敗したい。


決意を新たにした一日でした。
posted by Vicky at 21:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日弟君に会いました。
社会実現ね〜。でかいね。
やっぱ閉じてちゃせまくなるもんね。
勉強になります。
きれいごと言わなきゃ世の中よくなりませんよ。
がんばりまそ
Posted by dai at 2007年06月24日 14:08
> dai
コメントありがとう!
そしてきのうは行けずに申し訳ない >_<

社会実現っていいよね〜
でもそういう生き方ができる世の中だと思うんだよね。
一緒にそういう社会を作っていきましょう!
Posted by vicky at 2007年06月25日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45403294

この記事へのトラックバック

失敗学のすすめ (講談社文庫)
Excerpt: 失敗学というタイトルをつけた出版社の勝利ですね。この本は失敗学という考えを広めるのに貢献しましたが、内容的には、抽象的な概論論がメインです。(この研究そのものは畑村先生だけでなく、同じ様に 複数の人で..
Weblog:
Tracked: 2007-10-28 07:18

リーダーシップ入門 (日経文庫)
Excerpt: ただ本だけを書いているだけの人が書いた本で何ら説得力を感じない。ただの寄せ集めの内容だ。日経文庫のこのシリーズは概してつまらない内容の本ばかりのシリーズだが、この本はその中でも極めつけのつまらなさだ。..
Weblog: ビジネスをあなたに捧げます
Tracked: 2007-10-31 13:36

失敗学のすすめ (講談社文庫)
Excerpt: いい本です。久しぶりに読んでそんな印象を受けました。昔からよく「失敗は成功の母」ということがいわれていますが、どこか精神論のようなイメージがあります。それをきちんとした分析と論理の積み上げによって、だ..
Weblog: ビジネスをあなたに捧げます
Tracked: 2008-02-12 03:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。