2011年02月07日

【チカンはアカン】4.どのような課題があるのか

【4.どのような課題があるのか】


□どのようにして規模を増やしていくのか?
 →ソーシャルネットワークサービスの口コミで地道に広げることも重要ですが、
  以下の二つのことが実現されなければならないと思っています。

 1.「赤いハンカチ」のメッセージの意味を知る人が増える
 2.「赤いハンカチ」を手首に巻く人が増える

1は認知の問題です。アプローチとしては、何らかの形でメディアで扱ってもらう必要がありそうです。

2はオペレーションの問題です。どうやって実際に人々がハンカチを巻くようになるのか。
赤いハンカチでなければならないのか。
実際に途中で痴漢被害と遭遇したら仕事に遅れるのではないか。
そういう非常に現実的な課題をクリアしていく必要があります。


□通勤途中で実際に痴漢被害と遭遇したら?
 →会社に遅れてしまって困ることもあると思います。
  僕の考えでは、「痴漢で困っている人を助けていて遅れて怒られるような
  会社はいかがなもの?」
  という考えがありますが、現実的な方法として、以下の2つの方法を検討しています。

 @リーフレットなどを作成し、上司や同僚に事前に渡しておく
  →認知にもつながりつつ、もしもの時には「あぁ、あいつそんなことやってたな、偉い!」
   となってくれると嬉しい
 Aどうしても外せない用件があるときには、キャンペーンはお休みする
  →長く続けることを優先し、無理のない参加をお願いしたいと思います


□赤いハンカチを巻いている人が痴漢をしたら
 →赤いハンカチを巻く人のルールとして、「両手をふさぐ」というものをつくりたいと
  思っています。
  左手にハンカチを巻くなら、右手には荷物を持ったり、荷物がないなら両手を挙げるなど。
  ここらへんは、現実的なルールを考えつつ、「まず赤いハンカチの人に痴漢をさせない」ルール
  が作れたらいいな、と思います。
  


目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
2.どんな1週間だったか
3.今後どうしていきたいのか
5.びっきーの裏狙いとは
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184662432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。