2010年10月14日

2010年10月13日

soppon @yamadapo すみません、読み返してみたのですが、「虫食い」ってどんな意味ですか(^_^;)不勉強ですみません(涙 at 10/13 22:02

soppon 140文字で考えるのって、なんかすっごく気持ちいいんだよね〜 at 10/13 22:00

soppon えっ、すごい!医療現場で使うんですね!RT @thekopernik_jp 携帯電話を使った顕微鏡 Cellscope http://cellscope.berkeley.edu/ at 10/13 21:37

soppon そうですかぁ。もっと考えてみます!RT @jai_an ちょっと違う。RT @soppon: 学校の中に社会を持ち込むのではなく、カリキュラムの中に社会との接続を組み込む、というイメージでしょうか。RT @jai_an: 学生時代にしか学べないことを学ぶから、「人材になる」の… at 10/13 20:49

soppon 学校の中に社会を持ち込むのではなく、カリキュラムの中に社会との接続を組み込む、というイメージでしょうか。RT @jai_an: 学生時代にしか学べないことを学ぶから、「人材になる」のですよ。わざわざノイズの多い小生意気な社会性をなぜ学校教育に持ち込む。 at 10/13 20:35

soppon あぁ、喉いたい。風邪はやってる。 at 10/13 20:16

soppon スタディツアーそのものは戦略ではなく戦術です。もし私たちのような事業者がスタディツアーを企画するなら、それはミッションの達成へと近づく一歩としてプランする必要があります。そのようにして始めて、戦略的な打ち手になります。 at 10/13 20:14

soppon 現状そうですよね。ただ学生さんたちが海外へのスタディツアーに「体験」を求めているから商品として売るのは、ある意味旅行代理店として当たり前の話でもあり、学生さんには「自分のお金がどんなアウトプットにつながるか」考える一助にしてほしいです。RT @yamadapo 旅行代理店など// at 10/13 20:10

soppon 誰を顧客とし、何を成果とするか、ということが重要なんです。RT 一回25万円のスタディツアーでフィリピンに家を建てるボランティアがあったとして、その金額を丸々現地のゼネコンに投資できるようにしたらどうなるか。素人が金払って建てるより、現地に雇用が生まれ、職人の技術が向上し、// at 10/13 19:34

soppon @emi_0830 @tl_kuro コメントありがとうございます!昨日、スタディツアーに疑問を持っている学生さんと話をしましてそんなことを考えました。重要なことは、そういう可能性があることを踏まえた上で、それでも学生たちにどんな体験を設計するか、ということだと思うんですよね。 at 10/13 14:34

soppon 一回25万円のスタディツアーでフィリピンに家を建てるボランティアがあったとして、その金額を丸々現地のゼネコンに投資できるようにしたらどうなるか。素人が金払って建てるより、現地に雇用が生まれ、職人の技術が向上し、ビジネス感覚が生まれるのであれば、長期的に見てその国の為になるのでは。 at 10/13 12:59

soppon @a_rabbit_on_bed おぉ、フォローありがとう!今日はすっごく楽しかったです☆聞くという事、知るという事は、俺にとって少なからずその人の人生にコミットする事です。小さくてもhsのより良い人生にコミットしたいと思いました!またご飯行きましょう! at 10/13 00:38
posted by Vicky at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165649604

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。