2009年11月25日

企業参謀

大前研一著『企業参謀』(講談社文庫)を読んでいます。


以前から気になっていたのですが、ちょっと敷居が高く、手が出せませんでした。
しかし、先日丸善をぶらぶらしていたら文庫本コーナーにあったので、
思わず買ってしまいました。


感想は。。。


想像以上に素晴らしい内容でした!
戦略的思考のいろはをわかりやすく解説している上に、
ものすごく実践的な事例に溢れていて、最近読んでいる本の中では
ピカイチな一冊です。


さて、この本の中でも僕にもっとも響いた言葉があります。
それは裏表紙の文章です。
こんな内容です。



新しい時代の企業戦争を生き残る鍵を握るのは、
評論家になり下がったスタッフ集団でも、
アイデアを花火のように打ち上げるだけの一匹狼でもない。
組織の中にあって、企業の頭脳中枢として戦略的行動指針をつくりだし、
それをラインに実行させる独特の力をもつ「企業参謀」集団---
その存在が命運を決める



感動しました。


僕が目指しているのは、まさにそのような人材です。


先日「戦略とは」という記事にも書きましたが、
僕は戦略を「【ビジョン】を達成するために自社選んだ【行動】」
であると考えます。


その意味において、参謀とは、まさに戦略を実行する人材であり、
組織の目指す【ビジョン】を【行動】として表出させる
触媒(ファシリテーター)であると考えます。




実は僕が考えているのは、ソーシャルベンチャーにおける「企業参謀」の
養成です。


僕自身発展途上なのですが、他のソーシャルベンチャーの「企業参謀」
「参謀候補」あるいは「新人参謀」の人たちを集めて、互いに切磋琢磨し合う場を
つくろうと考えています。


まずは気の合う仲間と小規模で始めて、将来的にはNPO法人ETIC.さん
などの中間支援団体を巻き込んでソーシャルベンチャー界に貢献したいと
思っています。


果たしてどうなることやら。。。


乞うご期待!!




その前にまずは『企業参謀』を読み終えます(汗)
posted by Vicky at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。