2008年11月04日

成功ではなく成長

田坂広志先生の本に感銘を受けていることは前の記事にも書きましたが、
その中でも「成功」と「成長」を対比したこの言葉が印象的でした。


「成功」は約束されたものではない
しかし
「成長」は約束されている


このことは社会起業家やNPOを理解するうえでも重要な考え方
だと思います。


なぜなら、メディアで騒がれている社会起業家と呼ばれている人たち、
こまさんもそのうちの一人として挙げられることが多々ありますが、
この人たちは「社会問題の解決」において「成功している」と
受け止められがちなのですが、そういうことではないからです。


一方、メディアでは取り上げられず、運営に苦しんでいる非営利活動が
山ほどあります。
しかし、だからといって「成功していない」とは言えないと思います。


社会にはびこる問題を問題と感じ、その解決策を必死に模索し、
実際にそれを形にしようとする意思。
そのこと自体が一つの成果なのです。


ある人は身近にいるひとりしか救えていないかもしれない。


でもその人が気づかず、行動しなければそのひとりすら救えなかった。


その人がそこでひとりを救う手法は、次のひとりを救うための
試金石になるかもしれない。


問題に気づき、それを解決したいと強く願い、行動する人がいる。
その事実自体が成果なのです。


そうすると何が見えてくるか。





「成長」することの重要性です。





今はひとりしか救えないかもしれない。


でももっともっと成長すれば100人を救えるようになるかもしれない。


そのために学び、そのために行動していく。


「成功」ではなく「成長」を求める。


起業家も成長を求めてはいますが、それは成功へのプロセスな
気がします。


一方、「成長」それ自体が目的になりうるのは社会起業家なのかな、と。
posted by Vicky at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109097031

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。