2011年02月17日

【チカンはアカン】7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!

※東日本大震災の影響を鑑み、下記キャンペーンは延期といたしました。
後日改めて、企画をしようと考えております。
※履歴として、記事はそのまま残しております。


さて、みなさん、バレンタインデーをどのように過ごしましたか?

本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、逆チョコ。
いろいろありますが、なんとなく、ホワイトデーのお返しを考え始めて
いらっしゃることと思います。


そんなあなたへ提案です。

今年は【チカンはアカン】という意思表示で、感謝の気持ちを表してみませんか?


このブログを読んでくださっている方は、少なくともこの【チカンはアカン】キャン
ペーンをご存知の方もいらっしゃると思います。
関心を持っていただき、応援していただければ大変嬉しく思います。

しかし、応援はしているが、毎日自分で赤いハンカチを巻いて電車に乗るの勇気がな
い、
一歩が踏み出せない、と思っている方も多いと思います。

毎日実施、継続するのは大変かもしれませんが、一日だけ、皆さんのお力を貸してい
ただけないでしょうか?
ホワイトデーというお返しの日、一日だけでもよいので、赤いハンカチを巻いて
チカン撲滅への意思表示を一緒にしてみませんか(^_-)


今回、ご協力していただける皆様には、以下のようなお願いをさせていただきたいと
思います!


●<当日まで>
1.ホワイトデーまでに、「赤いハンカチを手首に巻いて電車に乗ってみる!」と宣
言をお願いします!

2.当日までの間に、「ホワイトデーにハンカチを巻いて乗ってみます!」と
宣言をした方を思いっきりほめたたえてください!それが勇気に変わります!

3.ホワイトデーまで毎日、僕たちはこのイベントのお知らせをしますので、
RTや「いいね!」ボタンなどで、拡散のお手伝いをお願いします!


<当日>
1.ホワイトデーに、赤いハンカチを手首に巻いて電車に乗ってみる!
※当日の流れは、現在検討中なので、別途ブログにアップします。

2.ホワイトデー当日、膨大な「ハンカチを巻いて電車に乗っています」ツイートが
流れますので、応援を兼ねて、RTや「いいね!」で拡散してください!●


ホワイトデーのtwitter、mixi、facebookを【チカンはアカン】で埋め尽くしましょ
う!!
このキャンペーンが痴漢をしてはいけないという雰囲気作り、行為への抑制に少しで
もつながれば嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします☆

※ご質問等は、twitterまたは、本ブログのコメントにてお願いいたします!
※twitterハッシュタグ→ #akan


【チカンはアカン】キャンペーンについて(ブログ記事)
http://vicky-way.seesaa.net/article/183188533.html
【チカンはアカン】mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5461984
posted by Vicky at 14:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

バレンタインデーの心理的負担と逆チョコ

逆チョコを作りました!


おととしから始めた逆チョコの習慣ですが、最初はおいしいチョコが作れて嬉しい、
という想いだったところから、今回はある感情が生まれてきました。


それは、「バレンタインデーって、フェアじゃないな」ということ。




twitterやmixi、facebookを見ていると、たくさんの女性がケーキを作ったり、チョコを
作ったり、買ってきたり、大忙しです。


しかし、正直相当な割合「義理」なわけです。というか、バレンタインデーという日、特有の「礼儀」
ですよね。この日にチョコを持ってこない女子はなんなの、という雰囲気、渡さないと社内に嫌な
雰囲気が流れる、という感じ。


男性陣は、別にホワイトデーに持ってこなくたって、ある意味許されます。
というか、もらった人にだけ返すという、「どの範囲まで渡さなければならないかを考えなくていい」という
圧倒的に有利な状況にいます。


そして、「義理をもらう必要はないけど、さびしいから、もらわないよりもらった方がいい」と、
有言無限の圧力をかけてもいます。




僕は肉食系男子なので(!?)、こういう機会がなくても好きなら告白するし、告白してもらうことも
いつでもウェルカムなわけですが(笑)、もうそろそろバレンタインデーのこの雰囲気はなくなっても
いいんじゃないかな、と思ったりします。


でもね、僕が一方的に言っても仕方ないんですよ。
女性にとって圧倒的不利なこのイベントを、まず対等なものとするために、僕は逆チョコを
作り続けようと思います。


そんなバレンタインデーの朝。


とはいえ、たくさんの笑顔と幸せが生まれる日でもあります!
純粋に楽しみつつ、ちょこっといつもと違うことを考えられる日でありたいものです!


みなさん、良い一日を!
posted by Vicky at 08:42| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 市民社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

チャレンジするということ

昨日、ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケットという、NPO法人ETIC.さんがしかけている社会起業市場創造事業に参加させていただきました。


その中で、非常に若いながらも起業を志していらっしゃる方がいまして、その方へ送ったメールが僕の考えをまとめられた気がしたので、お名前を伏せて載せたいと思います。




●●さん

こんにちは、(びっきー)です。
昨日はSVSMにてお世話になりました。

昨日は少し意地悪な質問を投げかけてしまい、申し訳ありませんでした。
起業しようと決意をされ、これまでいた環境から離れ、起業家の先輩たちへ自分の意見を述べ、一歩ずつ前へ進もうとしている●●さんを、僕は尊敬しています。

僕自身、今は個人事業主をやっていますが、(中略)ある程度近い立場でお話を聞けたのではないかと思います。
僕が感じたことでお役に立てそうなことを2点お伝えしたいです。

1.一人ひとり、顧客を具体的にイメージし尽くす作業が必要
2.自分の感情をもっと言語化していくことが必要

【1.一人ひとり、顧客を具体的にイメージし尽くす作業が必要】
「社会課題を解決したい」というメッセージは、一見美しく感じられますが、実は何の行動も生み出してくれません。
「◯◯な人が、◯◯のことで困っている。その原因は◯◯であり、解決するための手段は◯◯と◯◯と◯◯がある。その中で最もインパクトを生み出せて、かつ自分でなければやれない◯◯という事業をやろうと思う」
というストーリーが描けて、初めて行動できますし、周りの人の熱意を味方にできます。

このストーリーを描くには、統計資料や抽象的な概念を元にするのではなく、「小さくてもいいので、それが現実に起こっている一人ひとりの人」について具体的に考え抜くことが必要だと思います。

自分は◯◯があてはまり、母親は◯◯が部分的に当てはまる。友人のAは△△があてはまり、この間ヒアリングをしたBさんは△△と◯◯の両方が部分的に当てはまる。

と言ったように、具体的に落としていく必要があります。


この作業がなぜ必要かといえば、社会課題の解決は「これをやれば「誰か」に届く」レベルではなく、「実際に今困っているこの人の課題を解決できた」と言えるレベルでないと達成出来ないですし、それができなければ成果を出せているとは言えないからです。


【2.自分の感情をもっと言語化していくことが必要】
●●さんは、自分の経験や考えていることにそれほど自信を持っていないように、お話を聞きながら感じました。
起業家や経営経験のある人に対して、自分の言葉で通じるものはないと感じているように思いました。
なので、ニュースや書籍などで話題になっているキーワードや概念を部分的に掻い摘んで説明することで通じると考えているようにも、感じました。


しかし、僕の経験では、●●さん自身が心から理解し、腹落ちした言葉でないと人には伝わらないと思います。

僕は起業するという決意をした人が、何の考えもなしにそれをするということを聞いたことがありません。●●さんには、それの決意をするだけの経験があったのだと思います。
人にとってはありふれた経験であっても、それをとことん考え、悩んで決断した起業という選択は、●●さんにしかできないものだと思いますし、その意味で僕は無条件に●●さんを尊敬しています。

僕はNPO法人フローレンスという病児保育を行う事業者で4年半働き、駒崎さんという尊敬すべき起業家から、チャレンジすることの大切さと、その最初の一歩を実際に踏み出す人の並々ならぬ苦悩や努力を教わりました。

●●さんはすでにそれを乗り越えていらっしゃいます。そのプロセスは何にも変えがたいものだと思いますので、もっと明確に言語化していくことが大事だと思います。

僕でよければスカイプなどを使ってお手伝いできます。そうでなくとも、ETIC.さん周りの方に相談されるのもよいかもしれません。


以上です。
長々と失礼いたしました。(中略)

●●さんを通じて社会課題が解決されていくことを心から願っております。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by Vicky at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

【チカンはアカン】6.皆さんにご協力いただきたいこと

【6.皆さんにご協力いただきたいこと】


皆さんにご協力いただきたいこと、それは以下の4つのことです!!


(1)実際に赤いハンカチを手首に巻いて、電車に乗る!


 →毎日の通勤・通学時間がそのまま社会問題解決へのアクションになります!
  最初は恥ずかしいかもしれませんが、3日目には慣れてきます(^-^)
  (実は土日をはさんだ毎週月曜日は、今でも恥ずかしい感じになりますが、
   みんなでやれば怖くない!理論で乗り切っています!)

 →もちろん、女性の方も大歓迎です!


(2)RTなどによって、この活動を多くの人に紹介していただく!


 →twitterですとRT(リツイート)、mixiやfacebookだと「いいね!」ボタン、
  このブログのURLをそのまま恋人や友人に転送していただく、
  いろんな形で、この活動を広げるお手伝いをしていただきたいです!

 →まずは多くの人に知ってもらいたいです!


(3)情報・アイデアの提供

 
 →チカン被害に関する数字的な情報であったり、「こういう取り組み方だったらもっと手伝いやすい」
  など、みなさんの情報、アイデアをいただきたいです!


(4)運営に関してのお手伝い

 
 →現在、いろんな方にボランタリーに運営のお手伝いをしていただいております!

  ・すっごいスタイリッシュなリーフレットの作成
  ・韓国語でのつぶやきテンプレート
   などなど!


 →特に僕なんかは、文章力も、デザイン力も、語学力も足りないもので、皆さんにお力を借りないと
  キャンペーンを広げられない自信があります!!
  ご一緒にキャンペーンを作っていきましょう!



目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
2.どんな1週間だったか
3.今後どうしていきたいのか
4.どのような課題があるのか
5.びっきーの裏狙いとは
7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!
posted by Vicky at 09:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【チカンはアカン】5.びっきーの裏狙いとは

【5.びっきーの裏狙いとは】

僕は現在、フリーエージェントで仕事をしています。


大学では高校の先生になるために、物理学を専攻しつつ、教員養成課程を受けていましたが、
大学4年生のときに「社会問題を事業で解決する」NPO法人と出会い、新卒で入社、
4年半働きました。


そんな僕がこれからフリーエージェントとしてやっていきたいこと。


それは。

「市民の手で、よりよい社会をつくっていくこと」です。


僕は、病児保育や待機児童といった社会問題を事業モデルで解決する仕事をしてきましたが、
実は、僕たち市民が課題意識を持って、「隣で困っている人に今すぐできることをする」だけで、
もっと暮らしやすい、よりよい社会になるのではないかと思っているんです。


「チカンはアカン」キャンペーンはその具体的な一手であり、これから僕自身がやっていきたい
「仕事」のひとつとして位置づけています。




また、ソーシャルネットワークサービスが注目されている昨今、
「気付いた誰かが発信することで、大きな影響力を持てるかもしれない時代」が
来ています。


僕は、たった一人の僕の思い付きが、社会を変えていく大きな流れを生み出すことができるかどうか、
それを知りたいと思っています。


そのことを通じて、「社会をよくするのは、だれか遠くの偉い人」ではなく、
「僕たち一人ひとりなんだ!」というメッセージを発信していきたいと思っています。



以上です。
長文、乱文失礼いたしました。


今後とも皆様と「よりよい社会」へ向けて、一歩を踏み出していきたいと思います!!
宜しくお願いいたします!



目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
2.どんな1週間だったか
3.今後どうしていきたいのか
4.どのような課題があるのか
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【チカンはアカン】4.どのような課題があるのか

【4.どのような課題があるのか】


□どのようにして規模を増やしていくのか?
 →ソーシャルネットワークサービスの口コミで地道に広げることも重要ですが、
  以下の二つのことが実現されなければならないと思っています。

 1.「赤いハンカチ」のメッセージの意味を知る人が増える
 2.「赤いハンカチ」を手首に巻く人が増える

1は認知の問題です。アプローチとしては、何らかの形でメディアで扱ってもらう必要がありそうです。

2はオペレーションの問題です。どうやって実際に人々がハンカチを巻くようになるのか。
赤いハンカチでなければならないのか。
実際に途中で痴漢被害と遭遇したら仕事に遅れるのではないか。
そういう非常に現実的な課題をクリアしていく必要があります。


□通勤途中で実際に痴漢被害と遭遇したら?
 →会社に遅れてしまって困ることもあると思います。
  僕の考えでは、「痴漢で困っている人を助けていて遅れて怒られるような
  会社はいかがなもの?」
  という考えがありますが、現実的な方法として、以下の2つの方法を検討しています。

 @リーフレットなどを作成し、上司や同僚に事前に渡しておく
  →認知にもつながりつつ、もしもの時には「あぁ、あいつそんなことやってたな、偉い!」
   となってくれると嬉しい
 Aどうしても外せない用件があるときには、キャンペーンはお休みする
  →長く続けることを優先し、無理のない参加をお願いしたいと思います


□赤いハンカチを巻いている人が痴漢をしたら
 →赤いハンカチを巻く人のルールとして、「両手をふさぐ」というものをつくりたいと
  思っています。
  左手にハンカチを巻くなら、右手には荷物を持ったり、荷物がないなら両手を挙げるなど。
  ここらへんは、現実的なルールを考えつつ、「まず赤いハンカチの人に痴漢をさせない」ルール
  が作れたらいいな、と思います。
  


目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
2.どんな1週間だったか
3.今後どうしていきたいのか
5.びっきーの裏狙いとは
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【チカンはアカン】3.今後どうしていきたいのか

【3.今後どうしていきたいのか】


とりあえずですね、一週間続いてしまったので、僕の心には完全に火がついています。


岩田さんという強力なパートナーが現れてくださったこと、
そして何より、tiwtter、mixiからどしどしメッセージをいただいたことで、
一人じゃないってこと、みんなから求められているんだってことを知ることができて、
単純にもっとやってみたい!と思っています。



実際、今後どうしていきたいのか。


当面の僕の目標としては、
「東京メトロ東西線での痴漢検挙・書類送検件数を0件にする!」というものです。

東京メトロ東西線では、2004年で105件、泣き寝入りを含めて1,000件ほど発生していると
言われています。


まずは50件にするところから…
と思ってしまいますが、それはつまり、「50件、推定500件も許す態度」となるので、
あくまで目標は0件です。


少なくする、ではなく、なくす。




そのために何をするか。


まずは3つのことを始めていきます。


@情報を収集する
 →痴漢の件数は、実際のところ、どのように推移しているのか、統計データを調べる
 →その統計データから分かる傾向を分析する
 →駅員さんにヒアリングをして、どのような手順で痴漢被害の訴えが来るのかを聞く
 →メトロにヒアリングをして、どのような時間帯、車両、混雑具合のときに
  被害が多いのかを聞く
 →現在取っている対策などをヒアリングする


Aルールを確立する
 →実際、ハンカチは赤い方がいいのか?
 →手首に巻くことで目立つのか?
 →通勤途中で実際に痴漢被害と遭遇したらどう対応するのか?
  など細部を詰めていく必要があります。


B情報共有するプラットフォームを作る
 →僕は特別な専門知識を持っているわけではありません。
  皆さんの意見を伺いながら、これいい!と思うものをどんどん共有し、
  専門家の方につながるチャンスがあれば、積極的につながり、それを共有する、
  というようなことをしていったら、段々と形になっていくと思っています。
  



目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
2.どんな1週間だったか
4.どのような課題があるのか
5.びっきーの裏狙いとは
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【チカンはアカン】2.どんな1週間だったか

【2.どんな1週間だったか】


誰か手首に赤いハンカチを巻いて乗っている人を見たことありますか?
はっきり言ってですよ、何も知らずに赤いハンカチを手首に巻いて電車に乗っている人を見たら、
僕は「変な人だな」と思います。


僕は結構いろんなことが続かない性格でしたので(英語のテキストが積読されています;;)、
今回も正直、続けられるかな、と不安でした。


なにより恥ずかしいですし、人知れずそんなことをやり続けても、何かが変わるなんて考えられません。


でも、とりあえず一週間、自分ひとりでも続けられたら、その後人を巻き込んでいこう!
と思いました。



初日、1月21日(金)。東西線南砂町駅のホームに僕は立ちました。


「中野行き電車が参ります」というアナウンスが聞こえ、いよいよやるか、ということで、
赤いハンカチを手首に巻いていると、サラリーマン風のおじさんにじっと見られ、
「なんなの、そのダサい格好」と心の声が聞こえてきた気がしました。


僕はジーンズに茶色のダウンジャケットを着ていており、せめてもう少し赤いハンカチが
似合う格好をしてくればよかったと後悔しました。


そんなこんなで乗り込みました。


(長いので、詳細な描写は、また今度書きますね^^;誰も読みたくないと思いますが。。。)




目次:キャンペーンについて
1.なぜやろうと思ったか
3.今後どうしていきたいのか
4.どのような課題があるのか
5.びっきーの裏狙いとは
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【チカンはアカン】1.なぜやろうと思ったか

【1.なぜやろうと思ったか】


なぜ【チカンはアカン】キャンペーンを始めようと思ったのか。


それは、すっごく単純でして、僕の友人がtwitterで「さっき痴漢被害に遭った;;悔しい!!」と
つぶやいていたからでした。


僕は以前から痴漢が許せませんでした。
職場の同僚にも被害を受けた方がいましたし、
以前付き合っていた彼女も被害を受けたことがありました。


でも、何もできなかった。
ずっと一緒に電車に乗って、被害を受けたら声を掛けてもらう、なんてことをしたら
体がいくつあっても足りません。


せいぜい、「女性専用車両に乗りなよ」とか、「ポスターがもっと駅に張られたらいいのに」と
グチを言うくらいしかしてきませんでした。



そんな中、友人のつぶやきを見たわけです。


今回は、ピンとひらめきました!


「そうだ!何か目立つものを身に付けて、痴漢しようとしている人に「俺は見てるぞ!」と
メッセージを伝えられたら、痴漢被害を防げるんじゃないだろうか!
twitterやmixi、facebookで発信しまくったら、みんなが賛同してくれるんじゃないか!」と。


そんなこんなで、僕の「手首に赤いハンカチを巻く」という乗車人生が始まりました。




目次:キャンペーンについて
2.どんな1週間だったか
3.今後どうしていきたいのか
4.どのような課題があるのか
5.びっきーの裏狙いとは
6.皆さんにご協力いただきたいこと
【7.ホワイトデーにチカンを撲滅しよう!】
posted by Vicky at 09:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チカンはアカン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。