2010年12月06日

ウェブ・リテラシーを持つ

またまた『ウェブ時代をゆく』梅田望夫(ちくま新書)より、引用です。


p.208
ウェブ・リテラシーとは、たとえばこんなことである。
(1)ネットの世界がどういう仕組みで動いているかの原理は相当詳しく徹底的に理解している
(2)ウェブで何かを表現したいと思ったらすぐにそれができるくらいまでのサイト構築能力を身につけている(ブログ・サービスを使って文を書くとかそういうことではなくて)
(3)「ウェブ上の分身にカネを稼がせてみよう」(『ウェブ進化論』第一章)みたいな話を聞けば、手を動かしてそこに新しい技術を入れ込んだりしながらサイトを作って実験ができる。広告収入の正確な流れも含め「バーチャル経済圏」がどういう仕組みで動いているかの深い理解がある。
(4)ウェブ上にあふれる新しい技術についての解説を読んで独学できるレベルまで、ITやウェブに対する理解とプログラミング能力を持つ。


引用は以上です。
以前、『ウェブ進化論』を読んでもピンとこなかったのですが、なぜか本書『ウェブ時代をゆく』からはたくさんの学びが得られています。

おそらく、『ウェブ進化論』を読んだ当時より、クラウドコンピューティングを日常的に使っており(セールスフォースやgmail、googleカレンダー、evernote、紙コピネットなど)、またタブレットPCを活用した業務改善のアイデアを日々妄想しているため、以前よりしっくりくるのだと思うのですが、一方で「このままだとウェブ時代をを使うんではなくて、使われてしまう」という危機意識と「もっと深くウェブのことを理解できたら、もっともっと大きなことができるんじゃないか!可能性が広がるんじゃないか!」という期待感があるからだと思います。


ウェブ技術がこれまでの全てを置き換えることはないと思いますが、僕たちの人生に多くの影響(よいもの、悪いもの両方)を与えるはずです。
その時、僕は意志と能力をもって「良い影響」を選択する力を身につけたいのです。


きっと、それはこのブログをみてくださっている皆さんに支えられながら、そして共に学びながら進めていくものだと思います。
今後ともよろしくお願いします!
posted by Vicky at 16:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ基礎自治体の経営に興味があるのか

先ほどTwitterにつぶやいたことが割と今後の僕の関心領域を言えていた感じなので、ブログに転記します。


コミュニティとは「ある共通項を持った人々が互いに支え合う共同体」と捉えています。
これまではそれが「血縁」や「地縁」「カイシャ」でした。
グローバリズムに伴って、この範囲がもっと大きくなると感じていて、
僕は「地縁」をベースにした基礎自治体の経営が危機に晒されるのではと危惧します。

「血縁」や「地縁」「カイシャ」が支えてきた社会保障的な役割が解体するに連れて
「社会的企業」という概念が生まれてきたと考えます。
そして、その動きは今後ますます広がって行くと(肌感覚で)感じます。
だからこそ、僕は「地縁」をベースにした基礎自治体の経営が必要になってくると考えます。

「社会的企業」は「ある共通項に基づいた相互連帯の仕組み」という性質を
持っていると考えられるため、「ある括りで括った時に外れてる人はいないか」を
チェックし、きちんとその人へ「意識を向ける」ことは公の領域にしか
出来ない機能だと思います。
僕はその意味での「自治体経営」に関心があります。

いじょうです。
posted by Vicky at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 目標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。