2008年09月23日

vision making

昨日、久しぶりにこまさんと二人でラーメンを食べに行っていろいろと
話したのですが、ビジョンメイキングな人の持つパワーを改めて
感じました。


話したことは主に3つで、
1.彼女のこと
2.官僚が政策を作ること
3.NPOの果たす役割
でした。


1.彼女のこと
については、お互いの彼女がいかに僕たちの人生にいい影響を与えて
くれているかを、のろけを交えながら語り合い、
改めてワークライフバランスの大切さを確かめたのでした。


2.官僚が政策を作ること
については、厚生労働省が緊急サポートネットワーク事業を3年で
打ち切ることを決定し、かつ、こまさんが社会保障国民会議で
「この事業を打ち切るべきだ」との発言をしたとの濡れ衣を着せて
責任回避を行っていることをはじめ、
政策立案を官僚が主導している状況、
政策立案能力に優れる議員が少ないことの弊害を語り、
こまさんは「この状況を絶対に変えてやる」との意気込みを語って
くれたのでした。


3.NPOの果たす役割
について、もっと企業でなく行政でなく市民が直接に社会に参画していく
方法について、NPOという選択肢が広がっていけばよいな、
という話をしました。


アメリカのティーチ・フォー・アメリカ(Teach For America)というNPOは
007年にはビジネスウィーク誌が調査したアメリカの学部学生の就職先
人気ランキングの10位に入るなど、グーグルやアップル、マイクロソフトと
肩を並べる人気を博しています。
それはこのNPOが提供しているプログラムの質の高さを現して
いるのでしょうけれども、それにしても日本においてNPOが
「NPOで働けるの?」「ボランティアで大変だね」と言われる状況と
比べると本当に進んでいるなぁ、という印象を持つわけです。


文化が違う、と言い切ってしまえばそれまでですが、
僕たちが作りたいのはまさにその文化であったりします。


そしてその文化とは、その社会が実現したときのことを想像できる
個人が描き、語り、行動を起こす個人がいることで現実のものとなっていきます。


こまさんはそういう人なんだな、自分もそうなっていきたいな、
とラーメンをすすりながら思った一日でした。
posted by Vicky at 19:08| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

一生懸命になれるものがあればいいじゃないさね

前回の日記はあんまりうまく書けなかったので、また後で書こう!!
と思って保存したはずが、アップされてしまっていましたね^^;


今日は続きじゃないですが、関連して。


最近、何を目標に、何をしたくて毎日を過ごしているのか見失っている
ように感じています。


フロレという組織を通じて何を社会にアウトプットしていくのか。


毎日の仕事を通じて、仲間たちと何を感じ、何を生み出していくのか。


今日読んでいる本を通じて、明日の何を生み出そうとしているのか。


その全てに答えを失っているように感じていました。




しかし、一つ変わらずに一生懸命に考えていることがあります。


それは【フロレをよくしていきたい】ということです。


何をすればよくなるのか、どうなったら「よくなった」と言えるのか、
正直言うと何にも見えていないのですが、それでも【よくしたい】という
気持ちが沸々と沸いてくるのです。


ここのところ仕事が思うように進められておらず、
でもその状況を打破できずにいて悩んでいたのですが、
自分のその気持ちに気づけただけで、すっごく気が楽になりました。
posted by Vicky at 22:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

相談って大事だなって

仕事をしていると、どこから人に渡してよくって、どこまで自分で
考えたり手を動かさなきゃいけないところなのかなって悩みます。


もう少し考えてから意見を聞かないと人の時間をもらうのに失礼だな、
とか、もっと考え抜いてから相談しないと相手も自分も混乱して
終わりだよね、ということがあるとなかなか相談できなくなったりします。


でもやっぱり相談することって重要ですよね。
今日は


posted by Vicky at 22:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

忙しくなる前に

最近、サービス内容の移行を行っていて、やたらめったら忙しいので
どうして忙しいのかを分析しておこうと思います。


今年3月からの流れをざっと追うと、
1【3月〜5月】戦略立案
 ↓
2【6月〜7月】新サービス内容のFIX
 ↓
3【8月〜9月】業務への落し込み
 ↓
4【10月〜】新サービス内容への移行


書いてみるとあっさりしていますが、全てのフローに携わっている
中でもっとも重要だったな、思うのは【戦略立案】の部分です。


もっとも身体的、精神的に負担度が大きいのは業務への落とし込みなのですが、
これは決まったことを遂行する上で、移行期には必要不可欠な、そして
避けようのない負担なのです。


しかし戦略立案で詰めを怠ると、全体のフローは途端に重たいものとなります。


【重たいもの】という意味は「組織が重い」「贅肉の付いた組織」
「機動力のない組織」と形容されるような組織になることです。


というのは、戦略とは【判断基準】のことであり、100ある選択肢を
1つに絞るために使用するものであるため、
この戦略がぼやけていると、100ある選択肢のどれを選ぶのか、選ぶことに
時間を費やしてしまい、結果、顧客にサービスが届くまでのリードタイムが
伸びていきます。


社内での議論の時間が長くなり、説得の時間が長くなり、
顧客のための議論ではなく、社員が納得するための議論に時間を費やします。


ではいかにして機動力ある組織を作るか。
2つの要件が満たす必要があります。


一つ目は戦略を明確にする。
二つ目は戦略を日常レベルで見えるようにする。
(この二つの要件について述べているのがビジョナリーカンパニーと
 ビジョナリーカンパニー2です)


戦略を明確にするとは、最も優先的に達成すべき目標を一つに絞る
ことです。
それは定量的なものでもよいですし、定性的なものであってもよいのです。(トップの役割)


その戦略を日常レベルで見えるようにすることは、つまり判断基準が
業務に落とし込まれているということを意味します。


業務において判断を迫られた際に、戦略に適合した行動を取るように
スタッフを教育していくことなのです。


これは『知識創造企業』の中で語られているミドルアップダウンを
遂行する【ミドル】が役割を担います。


あらら、時間です。
また書きます。
posted by Vicky at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

きみこそのびる

僕の名前の順番を変えるとこうなります!!
posted by Vicky at 13:19| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。